太陽光発電は、設置する地域によって、発電量に差が出ます。

日本国内でも、年間日照時間には場所によって違いがあります。

一般的には太平洋側は日照時間が長く、日本海側や東北地方は日照時間が短い傾向にあります。

そのため、日照時間の長い地域の方が、発電効率は良くなります。

日本全国の平均年間日照時間は1897.4時間で、1日あたりに換算すると、5.2時間となっています。

太陽光発電では、太陽の光のエネルギーを電力にかえます。

そのため、自然環境や天候にも発電効率が左右されます。

夏の昼間の暑い日には発電効率があがり、雨の日や曇りの日には発電効率は落ちます。

消費電力がピークになる真夏の昼間に発電効率が良いため再生可能エネルギーの中でも太陽光発電は将来性を高く買われています。

雪の多い地方では、雪がソーラーパネルを覆ってしまうと発電ができなくなってしまうので、傾斜角に工夫をするなどして、雪がパネルを覆わないような工夫が必要になります。

また、太陽光発電は様々なメーカーから販売されています。

ですので導入を考えているのなら事前に「太陽光発電比較探検隊」という比較サイト(http://indigotreemusic.com/)で各メーカーの特徴等をつかんでおくとよいでしょう。